むくみがひどく象のような足に…

私は三人目を妊娠した時に両足首から下がとてもむくみました。

足首がパンパンになり本当に象さんのような足に!!歩くのもひどいときがありました。

よく、妊婦は妊娠後期になるとむくむと聞きますが、私の場合は妊娠6ヶ月ごろからむくみ始めました。

妊娠前はもちろん、一人目、二人目妊娠時は全くむくむことはありませんでした。三人目のみむくんだことに私も驚いています。

三人目にして初めての体験だったため、とりあえずと思いセシールのおやすみ着圧ソックスを購入し就寝時に履いて寝ていました。

始めは締め付けられて寝ることに慣れていないせいか、着圧ソックスを夜中に脱いでしまうこともありましたが、徐々になれ朝スッキリ!!とはいきませんが…履かないよりましかな~程度で使っていました。でもやはり寝ながらソックスを履くことに慣れず、この方法は1ヶ月程度で断念しました。

着圧ソックス以外では骨盤ベルトを巻いて寝ると解消されると聞き、さっそく試しましたが、やはり夜中に脱いでしまい…1週間ほどでダメでした。

初心に戻って、やはり妊婦は食事に気を付けるべきだとその時思いました。

よく妊婦さん用食事の心得のようなものがありますが、あれがむくみにも効果覿面でした。

私は妊婦検診でも言われたように、塩分を再度見直すため食事制限まではいきませんが、日々の塩分摂取量をサクッと計算したところ1日15グラムは摂取している計算になりました。

妊婦は1日8グラムが目安なので私は倍!摂取していたことになります。

一番驚いたのは味噌汁ですね。味噌汁1杯あたり約1.5グラムから2グラムですから、2杯飲むと3グラムから4グラムですよ!!

恐ろしいですね…

またむくみには水分も関係していることは常識ですよね。

体内の塩分が多いとそれに伴い水分を体に貯め込み、むくみやすくなる。

恐ろしいですね…

着圧ソックスや食事以外には寝るときに足を高くして寝るのも効果的でした。効果的というかむしろ気持ちよく寝れました。

足がむくんでいると、感覚的にもパンパンしていて苦しいという感覚がありなかなか寝付けないこともあしましたが、足の下にクッションやバスタオルを畳んだものを敷いて高さを調節すると、とても心地よく、最適な高さに巡り合えた時は本当に足がすっきりとして寝やすかったのを覚えています。

この方法は出産後入院中にも効果的でした。

私は産後も足のむくみが続き、持参したバスタオルで高さを調節して足を上げて寝ていました。

そのおかげか、退院までにはすっかりむくみは消えていました。

とにかくむくみには食事で塩分摂取量を気を付けるに限るということですね。

マタニティー生活が充実していると、その後の子供との時間も充実した日々を送れるように思います。

日々の健康に気を付けて素敵なマタニティー生活を満喫したいものですね。