妊婦のむくみは着圧ソックスで解消

わたしは現在25歳です。

昨年の春に娘が生まれて、現在は生後10ヶ月になりました。

わたしは、妊婦になる前からむくみはある方だったと思います。

それでも、軽くマッサージしたりストレッチをすればすぐに良くなりました。

しかし、妊娠してからのむくみは本当に頑固なもので、何もしていなくても脚がパンパンになったり、揉んでも治らなかったりと、とにかく何がきっかけでということがなかったのが一番困りました。

例えば、歩きすぎるととか立ちっぱなしだとなどの理由があればよいのですが、本当に突然前触れなくむくみが起こるので、本当に大変でした。

酷くなり始めたのは、お腹も大きく前に出はじめた6ヶ月のころです。

毎日お風呂でマッサージなどをしていたのですが、妊婦になってお腹が出てくるとお腹が支えてゆっくりとマッサージもできなくなってくるのです。

ですので、時間があるときなどは旦那にもマッサージをしてもらったり、ストレッチを手伝ってもらったりしました。

それでも、やはりお風呂に入ったりマッサージをしてもらえる夜はよかったのですが、昼間は本当に丸太のようにむくむことも少なくなかったのです。

産婦人科でも相談はしますが、対処してもらったこともあまり効果がなく、見兼ねた旦那が職場で話をしたところ、着圧ソックスというものの存在を聞いてきてくれたのです。

わたしに合うかは分かりませんでしたが、とにかく藁にすがる思いでインターネットで検索しました。

すると、妊婦も安心して支えるという記載がれているものがたくさんありました。

それを見て、なんとなく悩んでいるのは自分だけではないのだという安心感があった事を覚えています。

いろいろとクチコミをみて、着圧ソックス自体は夜寝る時に履くものが主流であると感じました。

わたしは昼間のむくみも悩んでいたので、日中用と夜用で2つ買いました。

購入したのは、ドクターショールメディキュットの着圧ソックスでした。

ひざ下までの昼用と、膝上までの長さのおやすみ用の2つを購入しました。

わたしが主にむくむのはふくらはぎだったので、ひざあたりまでのでちょうどよかったです。

まずは、夜は今まで通り自分でできる範囲でや旦那に手伝ってもらってマッサージやストレッチをしっかりとしました。

そして、寝る前におやすみ用の着圧ソックスを履いて就寝しました。

朝起きたら、一度脱いで脚をリラックスさせてから昼用を履き直しました。

すると、脚のむくみはすっきりとなくなり、朝起きた時にたまにむくんでいた顔もあまり気にならなくなりました。

クチコミをみて自分に合うものを探すのがよいと思います。

手間も時間もかからない着圧ソックスは本当にオススメです。