妊娠後期から悩んだむくみ対策に

わたしは現在25歳です。

昨年の春に娘を出産し、現在は生後10ヶ月になりました。

わたしは、妊娠6ヶ月ころから産後数ヶ月にかけてひどいむくみに悩まされました。

むくみが激しかったのは主にふくらはぎでした。

また、顔や手の指なども寝起きなどはむくみが出ることも多かったです。

もともとむくみは出やすい体質だったと思います。

ずっと座っていたり、逆に長い時間歩いたりしていたときは、妊婦になる前でもふくらはぎはむくみました。

しかし、妊娠の後期になってくるにつれてふくらはぎのむくみは日に日に酷くなってきました。

24週を超えたあたりからだったと思います。

夜も脚の違和感で目が覚めて、妙に痺れていたりこむら返りもするようになってきたのです。

妊婦健診でも、むくみが気になるとドクターにも言われました。

助産師さんにむくみ対策のマッサージやストレッチなどを教えてもらい、その日は帰宅しました。

その日から毎日、お風呂に入ったら浴槽でマッサージをし、お風呂上がりにはストレッチもしました。

寝る前にそれらのことをした結果、夜に脚の違和感で目がさめることはほとんどなくなりました。

しかし、お腹が大きくなるとマッサージをするのも負担がかかってくるようになりました。

そんなとき、旦那とベビー用品の買い物に出て、お店で見つけたが着圧ソックスでした。

妊婦のつらい脚のむくみにということで、わたしにはぴったりの着圧ソックスだったのです。

着圧ソックスの存在を知って、わたしは帰宅後インターネットで調べました。

すると、たくさん種類があることを知りました。

その中で、口コミなどを参考にした上で自分に合いそうだったのが、ふっとらくのおやすみ着圧ソックスでした。

わたしが気になるのは主にふくらはぎだったので、膝上くらいまでの長さであることもちょうどよかったのです。

また、脚の指は出ているので、窮屈な感じもなく使いやすかったです。

ふっとらくの着圧ソックスを使うのは、おやすみ用ということで、お風呂上がりに履いて眠るといった使い方にしました。

もちろん、その前にはマッサージやストレッチも軽く済ませておきます。

着圧ソックスの効果は次の日の朝のうちに現れました。

マッサージなどをしてから寝ていた次の日の朝に比べても、ふくらはぎがすっきりとしていていました。

また、足元が温まっているからか、使っているうちに代謝も上がってきて、顔が朝にむくむ悩みも解消されたようでした。

わたしの愛用品で、妊婦の時はもちろん産後もしばらくお世話になりました。

妊婦は大きなお腹があり、自分で脚をマッサージすることは大変です。

そんなときに、履くだけで即日効果がある着圧ソックスは、本当に重宝します。

身体を温める意味でも使えて、一石二鳥でした。