妊娠後期のむくみが1番のストレス

私は出産を二度経験していますが二人目の妊娠中がむくみがひどくすごく悩んでいたのでそのとき自分がしたことで役にたてれば光栄です。妊婦は血行が悪くなるのでむくんでしまうことはしょうがないことだと思います。とはいえ足は重くなるし寝たくてもうずうずして眠れないしとそんな状態と日々皆が格闘していると思います。寝たいのに眠れないことは本当に辛いと思います。私がピークだったのはやはり28週からの妊娠後期でした。特にふくらはぎのむくみがひどくマッサージするもパンパンで指が入らずむくみは解消せず。代わりに力を入れている手だけが疲れてしまう始末。トータルで17キロも太ってしまったので体重増加も原因だと思いますが膝の上にお肉がのっかり、マッサージするたびに激痛でした。常にマッサージしているのも大変なので妊娠前から使っていた着圧ソックスは妊娠初期から履くようには心がけていました。よく妊娠中のむくみは着圧ソックスがいいと先輩ままや雑誌でも見ますが私の場合むくみずぎていたからか解消しませんでした。後期になるとまず着圧ソックスを履きたくてもお腹が邪魔で履くことすらできず・・・。ちなみに使っていたのはメディキュットです。もともとむくみやすいわけでもないし妊娠前は使っていてスッキリするのを実感していたのでこれが悪いってわけではなく、それほど妊婦はむくむということだと思います。お腹が邪魔で履くことすらできなくなってからはとにかくマッサージを毎日お風呂あがりにやりました。自分なりにツボを調べて足首から上に向かって押してみたり、膝の裏を押してみたり。家に頼める人がいたらマッサージしてもらうと自分でやる何十倍も気持ちがいいです。人のぬくもりって偉大で力を入れずただ擦ってるだけでも楽になります。

あとは毎日歩くことを心がけました。妊婦は動くのがよいといいますが、妊娠後期にもなると体が重くなり動くことがどうしてもおっくうになってしまいます。だからといって日中座っていることが増えるとますます血行が悪くなり余計むくんでしまいます。なので長時間じゃなくとも歩く習慣をつけて1日30分でも歩くことをお勧めします。マッサージだけしているときよりもだいぶ楽になれました。習慣付けることはリフレッシュにも繋がりますし、体重増加も防げます。私の場合行動するのが遅かったので説得力に欠けますが(笑)これから暖かくなってきますので天気がいいときはなるべく外に出ましょう。

私の場合通常のむくみや冷えの解消法は長時間の半身浴でした。暖めることで血行がよくなりスッキリしていましたが、妊婦はそうはいきません。ホルモンのバランスなどのめまぐるしい変化がありますので血流が増えすぎることで子宮収縮が激しくなってしまう可能性があります。なので温度の高すぎる入浴は避けること、入浴中に体調が悪いかなと思った時点ですぐにでるなど気をつけながらうまく暖まらなくてはいけません。あとは寝るときの工夫として足を高くするのが定番ですがやはり効果的だと思います。私は足下だけをあげるよりも足の付け根からクッションを挟むほうが効果がありました。長めのクッションがあれば1番いいですが無くても布団を丸めてもいいし、私はぬいぐるみをはさんでいました。

少しでもむくみが解消し深い眠りができるようやれることから始めてみましょう。