妊娠の大敵!むくみ対策の方法とは

31歳で現在4ヶ月の女の子を育てています主婦です。出産前は事務職で、デスクワークをしてました。妊娠中は、悩みごとがたくさんあります。ましてや初めての妊娠ともなると不安でいっぱいです。私も初めての妊娠でたくさん苦労しました。

つわりもひどかったのですが、一番ひどかったのが浮腫です。もともと体が浮腫みやすい体質で、妊娠前も悩んでいました。朝ではすんなり捌けていたブーツが夜には入らないこともしばしばありました。妊婦になってからはさらにひどくなりました。妊娠初期の頃はそこまでひどくはなかったのですが、妊娠中期から後期にかけてどんどんひどくなりました。

足がパンパンにむくみ、顔もむくみ、体重は維持していたのに、浮腫んだせいで、夫には太りすぎ、顔が老けたと言われ喧嘩した日もありました。

このままじゃいけないと対策として一番使ったのが着圧ソックスでした。主に使ったのが寝るときに履くタイプです。

はじめは、締め付けるし、血流悪くなって赤ちゃんに何か影響出ないかなって不安だったんですが、産婦人科の先生に相談したところ、妊婦は着圧ソックスは使った方がいいと薦められた為その日に買いにいきました。

購入したのは、寝ながらメディキュットのロングタイプです。使ってみると、次の日の朝の足がほっそり。あんなに重かった足が軽く、歩くのも快調になりました。少しですが顔もスッキリしたような感じになりました。

使えば使うほど足の浮腫は改善されました。これに味をしめて、ストッキングの着圧タイプも使うようになりました。仕事中も使えるのでとても便利でした。

使ううちに編み出したのが、着圧ソックスと足に貼るスッキリシート(足スッキリシート休足時間)の重ね技がすごくよかったです!浮腫もスッキリしました。

着圧ソックス以外にもおすすめするならば、仕事がデスクワークだった為、貧乏ゆすりをすることです。テレビでみてすすめてたのでやってみたら良かったです。ただ周りにばれないようにやらなければなりません。貧乏ゆすりをすることにより血流が良くなるそうで、リンパに溜まった老廃物をポンプのように流してくれるそうです。

あとは半身浴をして、足をマッサージします。お風呂に入るのは妊婦にはとても大切で体を温めたほうが赤ちゃんの為にもいいし、リラックスすることがとても大切です。その中で足をマッサージしたり足をバタバタしてみたり楽しい範囲で動いてみるとスッキリします。

寝るときは、足に枕を置き、少し高くして寝ていました。ただし寝るときは横向きで寝ていました。仰向けで寝てしまうとお腹が圧迫されてしまい良くありません。おすすめですが、苦しいと思うときは無理はしないで下さい。

あとは軽いストレッチをすることがおすすめです。特に股関節のストレッチです。血流も良くなる上に、股関節を柔らかくしておくことが出産時には大事になってきます。私は股関節が柔らかかったお陰でとても安産でした。足に関しては、つま先立ちをして上下に運動する事です。ただしバランスを崩したら危ないのでどこかにつかまりながらやるよつにしましょう。